綺麗なチャペルで一生心に残るウエディングを挙げよう

マナーとルールを守る

招待状

ペーパーアイテムは、自分で用意したり手作りするという花嫁さんは多いです。中でも招待状は、結婚式のお知らせとして、最初に招待客に届くものです。デザインやセンスも大事ですが、忘れてはいけないのは、マナーとルールをしっかり守ることです。自分で招待状を用意する際に最も注意すべき点は、送るのが遅くならないということです。招待状は、結婚式の2カ月前には発送するのがマナーです。凝りすぎて完成が遅くなった、忘れていたなどということのないよう、計画的に作成しましょう。そして、宛名を書く際には、その家族の招待客の名前全員を封筒に記します。ボールペンは避け、毛筆か筆ペンで書きます。パソコンを使う際は、毛筆書きに近い印象の字体を選ぶのがベターです。少し注意が必要なのが差出人名で、両親の名前の場合と新郎新婦の名前の場合があります。慣習として多いのは両親ですが、最近は本人たちの名前で出す場合も増えてきています。両親も交え、きちんと話し合って決めましょう。そして、中に招待状と一緒に同封するものがある場合は、開封した人が取り出しやすいような重ね方にしておくのも気遣いです。また、結婚式で祝辞や余興をお願いする人には付箋を同封して依頼しますが、招待状でいきなりというのは失礼に当たります。必ず事前に電話か口頭で打診し、承諾を得てから改めて招待状で正式な依頼をしましょう。また、返信ハガキに切手がきちんと貼ってあるかどうかも確認事項です。結婚式は慶事ですから、招待状は、くれぐれも相手を困惑させたり不快にさせたりしないよう、念入りにチェックしてから出しましょう。